Twenty Nineteenどんな感じ

WordPressが新しくなりましたね。
そこで、新しい公式テーマTwenty Nineteenに変更してみました。
文字標準サイズが大きくなっています。

小さい文字

標準サイズ

大き文字

特大文字

テキスト設定では、テキスト文字が4サイズあります。

Webサイト制作会社とうまく付き合おう。

昨今のWeb業界は、激動期と言えそうですね。ホームページが簡単にできるWebサービスがいくつも登場しています。そういったWebサービスを使うこともいいかもしれません。業界別のテンプレートが用意され、それを選択して作り上げていく。HTML構文などの知識がなくても綺麗なホームページが完成させることができます。運営更新も楽だと思います。

会社等の紹介をするホームページであれば、それでも構わない。ただ、ドメインを取ることを忘れないでください。世界中で一つしかないWeb上の住所です。これがないと、信用性がありません。

ホームページを運営していきますと、何かしら必ずトラブルが起こることがあります。自分では手が追えないこともあります。この場合、Webサイトの知識が必要となります。Webサイト制作会社を保険がわりにすることをお薦めします。

月々の保守運営料を保険代として考えることも必要ではないでしょうか。Webサイトデザインも時代によって変わってきます。昔のままのホームページが星のごとく存在しています。ホームページは、時代に沿ってリニューアルを余儀なくされます。Webサイト制作会社は、その時代に沿いながら技術を習得しています。現在は、ホームページは一人で作り上げていくのではなく、チーム制作運営としての専門性の融合化なんですね。

Webデザイナー引退宣言。

私は、今年で60歳になりました。

今まで、副業としてWebサイトの製作並びに運営管理の仕事をしてきました。昨今のインターネット技術進歩が著しく発展をし、ネットリアルになってきました。

これからは、趣味としてWebサイト製作をすることに決めました。私の販売サイト「名入れスリッパ.com」の売上もあり、それを大事に育て上げることに専念していきたいと考えています。

20年前に、副業としてWebサイト製作の仕事を始めました。当時は、企業などのWebサイト勃興期でもあり、様々な業種のWebサイトを製作運営更新をしてきました。休むこともなく製作に熱中していました。

今、こうして振り返りますとwebサイトの制作をして良かったと思っています。仕事を通して多くの人たちと知り合ったことで、心の豊かさを養うことができました。

私の販売サイト「名入れスリッパ.com」は、そんな集大成を元に運営されています。

全国の事業所・介護施設・宿泊施設・医療施設からスリッパのご注文をいただいています。

今後は、趣味として楽しみながらWebサイトの製作や運営更新をしていこうと思っています。

Web業界では、細分化が進められています。時代は大きく変わりました。

「老兵は去るのみ」ではなく、進歩についていけないのが本音・・

ホームページ制作会社に依頼するとき。

Webサイト(ホームページ)制作会社に依頼するときは、あなたはどうしていますか。
何もわからないから、Webサイト制作会社にお任せをする。

これは、良くないことです。

Webサイト制作の仕方など、ネットで覚えることができます。

覚える時間がないから。難しそう。

確かに、最初は誰もわかりません。

ホームページの作り方の参考書と用語辞典を手元に置いて勉強することをお薦めいたします。

Webサイト制作会社があなたの会社のホームページを作った場合、その後の運営をしなければならないからです。ホームページからの集客、売り上げを上げるには、ブログ投稿したり各ページの画像や文章を見直さなければなりません。

新商品のお知らせなどがそうですね。
クレーム対応もあります。
商品の一部が、不良品だった場合には、商品回収のお知らせを至急掲載しなければなりません。
このような状況を想定しておかないと、Webサイトの運営をWebサイト会社に全て任せられないことが出てくるわけですね。

簡単な更新をするぐらいならば、自分で行うようにし、手に負えないところは、Webサイト制作会社か、Webサイトに詳しい人に依頼をするようにしたらどうでしょうか。

自ら、Webサイト制作の勉強をすれば、制作会社の担当者の話もわかるかと思います。

自分で、Webサイトを作るとなりますと、デザインセンスだけでなく、集客・売上を上げるための方策のWebマーケティング理論が重要になってきます。

Webサイト(ホームページ)があればいいという時代ではないのです。

Office365 OneDrive 同窓会画像の取得について

Office365 Businessを使用した同窓会画像の共有による相手側に画像を取得するための説明です。

  1. Office365 Businessの所有者(管理者)から同窓会の画像の取得による招待メールが届きます。

    d_01

  2. 同窓会用画像の箇所をクリックしてください。

    d_02

  3. 同窓会の画像ファイルが入っている同窓会画像フォルダ/画像ファイルが表示されます。

    d_03

  4. ファイル画像を選択しますと、メニュー項目が変わり、ダウンロードというメニュー項目が現れます。画像フォルダを選択してもダウンロードは、表示されません。ファイルだけダウンロードできるということです。

    d_04

    複数のファイルをダウンロードしたい場合には、shiftを押しながら選択してください。

  5. 画像ファイルがパソコンにダウンロードされました。

    d_05

お名前.comドメイン追加でサーバー設定をする。

レンタルサーバーを利用して、複数のドメインで運用する場合の設定方法です。
ドメイン申請及びレンタルサーバーはお名前.comの説明になります。

  1. 新規ドメインを申し込む
  2. サーバーNaviを開く
    左側にあるメニューの各種申込みを選択します。共有サーバーのオプションを選択します。

    001

  3. オプション追加サービス選択欄にあります追加ドメインにチェックを入れます。

    002

  4. 既にお名前.comで登録したドメインを追加します。を選択します。

    003

  5. 新規のドメインが表示されますので、チェックを入れて、次へ進むボタンをクリック004

これで、新しいドメインのフォルダがサーバーに追加されます。(登録メールに追加されたお知らせが届きます。)

レンタルサーバーWADAXでWordPressを設置してみた。

レンタルサーバーには、Wordpressの簡易インストール機能があります。私の使用しているレンタルサーバーは、お名前.comで、Wordpressの簡易インストール機能を利用して、このブログを行っています。今回は、クライアントのレンタルサーバーが、WADAXですので、このレンタルサーバーのWordpress簡易インストールを行った手順を掲載します。

レンタルサーバーのWADAX 【共用サーバー】マニュアル 現プランWordPressインストールマニュアルについて

WordPress簡易インストールをする前に、MySQL設定を行うこと

WordPressの設定でユザー名とパスワード入力欄がありますので、MySQL設定のIDとパスワードを利用することになります。

  1. レンタルサーバーWADAX トップページ画面
    http://www.wadax.ne.jp/

    01

  2. 2~6までWADAXの説明文と画像の抜粋になります。

    wp-shared02-01

    ※ご注意

    弊社コントロールパネルからのインストールでは、以下での固定インストールとなります。

    /public_html/cp-bin/wordpress/

    これによりWordPressの管理画面およびサイト画面も以下のURLになります。

    WordPress管理画面
    http://ドメイン名/cp-bin/wordpress/wp-login.php

    WordPressサイト画面
    http://ドメイン名/cp-bin/wordpress/

  3. コントロールパネルより、MySQLデータベースを作成します。

    コントロールパネルにログインをいただきまして、左メニューの「データベース」内の「MySQL設定」を選択します。

    wp-shared02-02

  4. 画面一番下の「新規作成」ボタンを選択します。

    wp-shared02-03

  5. データベース名は自動設定となり、パスワードを確認用も含めて設定し、最後に「作成」ボタンを選択します。

    wp-shared02-04

  6. MySQLデータベースが作成されますので、ユーザー名およびデータベース名を確認ください。

    wp-shared02-05

    ここ注意! WordPressの設定の時に使うので、パスワード/ユーザー名/データベース名を控えておきましょう。

  7. ここからWordpressの簡易インストールの設定に入ります。
    トップページ下のサポート欄にある「マニュアル」を選択する。

    02

  8. 共有サーバーのマニュアル「コントロールパネル案内」を選択する。

    03

  9. WADAXからレンタルサーバー申し込み時のメールで送られてきた利用サーバー名をプルダウン表示から選択する。

    04

  10. プルダウン表示の画像

    05

  11. コントロールパネルが表示される。

    06

  12. 左側のメニュー項目の「簡易インストール」を選択すると簡易インストール表示に切り替わるのでWordpressを選択する。

    07

  13. WordPressのインストール先が表示される。

    08

  14. 「ライセンス条項に同意する」にチェックを入れる。

    12

  15. OKを選択すると簡易インストール開始する。

    13

  16. インストールしました。と表示される。

    14

  17. FTPで「cp-binフォルダ」がインストールされたか確認をする。

    09

  18. ブラウザで、http://ドメイン名/cp-bin/wordpress/ へアクセスし、初期設定を行って下さい。

    10

以上で、WADAXのWordpressの簡易インストール設定手順を紹介しました。Wordpressの設定手順は、公式サイトで説明されています。

日本語ドメインの感想

yoshichika_960_300
名入れスリッパ.comという日本語ドメインを取得し、業務用スリッパのネット販売を始めて1年5ヶ月になります。

なぜ、日本語名ドメインにしたのかは、SEO対策を念頭に置いてみた訳ですが、SEO的にはあまり関係ないみたいですね。ただし、宣伝効果はありますよ。

名入れスリッパという日本語名にした経緯を述べたいと思います。私が勤めています業務用スリッパ専門の製造会社で、スリッパの名入れ印刷を担当していること。会社のホームページを制作運営して、アクセス解析の検索キーワードが、名入れスリッパが一番多かったのです。そこで、名入れスリッパ.comという日本語ドメインを思い立ったのです。

現在、名入れスリッパの検索順位は4位から6位圏内にいます。1ページ目には表示されますから、検索してきた人の目にはおや!と目にとまってクリックしてくれています。

全国から50軒ほどのご注文のお問合せが入りました。ご注文も頂いております。

アドセンス広告よりも、検索エンジン評価表示のほうが、クリック率が高いことが言われています。お金をかけなくとも、重要キーワードで、1ページ目に入れば最大の広告となります。
これが、一番のメリットではないかと思っています。

次に、デメリットについてです。

日本語ドメインでのメールアドレスは、意味不明のメールアドレスになってしまいます。
info@xn--pbkwe4a6cvgx28s84d.com
こんな暗号めいたメールアドレスなんですね。これでは使えません。しかたなく、Gmailだとかわかりやすいメールアドレスを使わなければならないのが欠点。

最近、Googleのガイドラインで、SSLを推奨しSEO最適化に影響及ぼす事態になりました。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

SSLの説明文
Webブラウザーとサーバー間で安全に通信するためにネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したセキュリティー機能。IETFにより「TLS(Transport Layer Security)」という名称で標準化も行われている。証明書によるサーバー認証と、Webブラウザーとサーバー間での通信内容を暗号化するという2つの機能を持つ。HTTPに限らずTelnetやFTP、SMTPなどのさまざまなアプリケーションプロトコルの暗号化に利用できる。SSLを使用しているWebサイトでは、URLが「https://」で始まる

日本語ドメインでもSSL証明書を発行する所もあるのですが、値段が高い。
クロストラストを見ると、月額64,000円もします。

そこで、考えたのはショッピングカートの導入です。

e-shopsカート2

これだったら、SSL対応しているので、顧客にとっては安心ですよね。しかもショッピングカートだけでしたら月額2,600円(6ヶ月契約)で導入できます。
現在、その設置準備中です。

日本語ドメインをお考えの方は、メリット、デメリットがありますのでよく検討してください。
宣伝目的であるならば、効果はありますよ。

ECサイト開設から1年経過して・・

去年の9月22日に、名入れスリッパ.comを開設。旅館・ホテル・学校・病院などで、使用される業務用スリッパ専門販売サイトを開設しました。業務用スリッパの製造販売の会社で名入れ印刷をしているのですが、会社自体のWebサイトは以前より立ち上げてはいました。これは、あくまでも業者間の製品案内用として制作しました。今度は、私個人の販売サイトとして、会社の許可を得て制作しました。
ドメインは、「名入れスリッパ.com」日本語ドメインを取得。なぜ、この名前にしたのかは会社のWebサイトでのアクセス解析で、「名入れスリッパ」というキーワード検索が多かったために、日本語ドメインを取得すれば、宣伝効果があるのではないかと思い「名入れスリッパ.com」にしました。
ECショップサイトを開設し、ひと月後に注文が入りました。しかし、その後Googleのガイドラインにふれた行為があったのか、自動ペナルティに遭遇してしまい、重要キーワードでのページランク外になってしまい、注文依頼が入らないでいました。Webサイトを改善し自動ペナルティにならないように修正を行い、自動ペナルティから抜け出し、重要キーワードでのトップページランクインをはたすことができました。そこから、序所にではありますが、注文が舞い込むようになったのです。
まだ、売上げ自体はそれほどでもありませんが、これからの販売に結び付けられるヒントも得ました。常にサイト改善と新しい商品を導入し、新鮮さをアピールしていかないと・・