よくある質問に戻る

ドメインとレンタルサーバーについて

ウェブサイトを制作する場合には、レンタルサーバーとドメインの取得をお薦めいたします。
個人のプライベート用Webサイトと違い、会社または団体等の公式ウェブサイトは、必須です。

ドメインについて

ドメインとは、インターネットの宛先です。
日本で一番使われているボータルサイト「ヤフージャパン」の住所は、http://www.yahoo.co.jpです。 この最後のco.jpがドメインになります。ドメインには、汎用性(.comや.jpなど)属性用(co.jpやne.jpなど)に分かれます。 co.jpであれば外国の人がURLを見ると「日本国内の企業だな。」とわかります。

URL(Uniform Resource Locatorの頭文字)ユニフォーム リソース ロケーターは、インターネット上の住所表示。

URL通信規約名前ドメイン
http://yahoo.co.jp

HTTP( HyperText Transfer Protocolの頭文字)ハイパーテキストプロトコルは、Webサーバとクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するのに使われる通信規約

ドメイン名取得のメリット

  1. 電子メールアドレスで、ドメイン名が使える。社員用など複数のメールアドレスが作れる。
  2. 世界に一つしかないドメインなので、宣伝に効果が得られる。
  3. ブロバイダーのメールアドレスだとだれだかわからない。
  4. 公式WEBサイトとして信用性が増す。

レンタルサーバーについて

レンタルサーバーとは、ウェブサイトデータの保管場所を借りるところと思ってください。 個人でもWEBサーバーを設置して運営している方もいますが、システムの知識がないと無理です。 レンタルサーバー運営会社と契約しましょう。 ネット上には、さまざまなレンタルサーバー会社のウェブサイトがありますので、希望に合う レンタルサーバーを選びましょう。

価格重視であれば、ロリポップなど月額200円程度のレンタルサーバーもあります。 安定性を考えるならば大手のブロバイダーのレンタルサーバーを利用するのもいいですね。電話サポート体制がしっかりしている会社であれば間違いないでしょう。
各社さまざまなプランがありますので、色々と検討してみてください。レンタルサーバー比較表をまとめてみましたので参考にしてください。

【取扱したレンタルサーバー】
会社名概要
お名前ドットコム 無料お試し期間あり。ドメイン取得豊富。日本語ドメイン取得可能。ドメイン取得とレンタルサーバーを同時に申込みが楽。電話サポートあり。
OCNホスティング 2014年2月28日にレンタルサーバーサービス「マイホスティング」の提供を終了。レンタルサーバーサービス「Bizメール&ウェブ ビジネス」に移行。トリプルバックボーンで、データ管理が充実。電話サポートあり。NTT運用なので安心感があります。企業向けには最適です。
アイクラスタープラス サーバー稼働率100%。安定性に定評。電話サポートあり。ビジネス用ウェブサイトに最適。
knet 地元のブロバイダー会社。地元企業にレンタルサーバーを提供。
@Wappy 低価格のレンタルサーバー。プライベート用Webサイトに適している。電話サポートなし。ウェブサイトでの取扱い説明不足。サポートはメール対応のみということですが、返信メールに連絡先の電話番号があり、電話をしてみましたらやさしく対応してくれました。GMOグループなので、GMOが電話サポートをしているようでした。