よくある質問に戻る

プロバイダの見直しについて

インターネットを利用するには、ISP(Internet Service Probider)インターネットサービスプロバイダというインターネット接続業者に申込みすることになります。 このページをご覧頂いている方は、すでにインターネット接続業者と契約されています。 このプロバイダ(インターネット接続事業者)は、通信会社系(OCN・YahooBB・au)メーカー系(ソネット・ビッグローブ・ニフティ)新聞社系(アサヒネット)ケーブルTV・K-Net(熊谷ネット)といった地元に特化したプロバイダがあります。 現在は、光回線、高速無線(WiFiなど)が主流ですが、予算を安く抑えたいようであればADSL回線をお薦めします。ただし通信速度は、光回線に比べて遅く、基地局から離れていますと通信速度が遅くなります。

大手の電器店で、パソコンを購入する ときに、光回線契約(お店指定のプロバイダに入会)するとパソコンが安く買えますね。知人が、大手の電器店でパソコンを購入したときに、光回線を申込みました。

アサヒネットフレッツ光料金表

私が加入しているプロバイダ(アサヒネット)と毎月の利用金額を比較をしてみましたらお店指定のブロ バイダーのほうが600円ぐらい高かったのです。2年間が過ぎたところで、プロバイダを切換えました。 プロバイダの利用料金を見直してみることをお薦めいたします。中にはオプションとして無駄なものを追加されることもありますので、 注意してください。

プロバイダ乗り換えをした場合には、アサヒネットでは6ヶ月間無料になります。