橋のない川の風景

平成4年に埼玉県行田市に 、群馬県桐生市から引っ越してきました。この土地に来て同和問題について取り組んでいる土地であること を知りました。私の故郷も同和地区というものがありましたが、ここにく るまでは同和問題についてはよくわ かりませんでした。行田市は「基本的人権を宣言」していますように、同和問題に深い関わり合 いがあるようです。市の会報にもかならず同和に関する文体が載っていましたので、行田市と同和問題の関係 を調べて見ようと思いたちました。それには同和問題とは何なのかを知らなければなりません。

そこで私は、橋のない川という小説が同和問題について書かれていることを覚えていましたので、 その「橋のない川」(住井すゑ著)を読んで みました。『橋のない川』は、奈良県生駒地方の農村を舞台に書かれています。明治から大正時代にかけての時代背景を通し、日本の差別( 被差別部落)社会を痛切に説き明かしています。私が暮らしている土地は、田園地帯で雑木林もあり、野鳥も多く生息し、まだ自然が残っていてとても凄しやすい場所です。私は、この「橋のない川」を読んでいくうちに、今住んでいる土地(行田)と当時の生駒の風景がとても似ているように思えてな りませんでした。

大和政権の誕生により、ながすね彦を中心 とした生駒(大和)の住人達は神武天皇軍 との戦いで敗北し、その土地を奪われてし まいました。そこから生駒の差別が始まったのではないかと考えました。蝦夷(えみし)とは当時の昔からその土地に住んでいた人達です。

戦いに破れた村人達はその政権化による権力者の隷属者になっていったのです。そして現代もその差別 が歴然と残っているのです。 民族間の戦争によって勝者が敗者を隷属していくことは歴史を通じてわかります。それが時代を経ても隷属されている 場合その社会は人間の本来の姿とかけ離れているのではないでしょうか。

Shimizu process

copyright © asatori.all rights reserved.