参考文献

水平社宣言

1871年(明治4年)明治維新政府は近世社会の最低身分とされた賎民の身分、 職業とも平民同様とするといういわゆる解放令を発布し、法律・制度の上で は差別はなくなったはずでしたが、具体的な施策はほとんどとられず、現実 には依然として差別はなくなりませんでした。 そのため、部落差別の解消 を目指す様々な思想が生まれ、運動が起きました。

特に大正中期の米騒動を契機として、被差別部落の人びと自らが部落差別をな くすために立ち上がったのが1922年(大正11年)の「全国水平社」創立大会 であり、ここで採択されたのが「水平社宣言」です。この宣言は「人の世に 熱あれ、人間に 光あれ」とうたい、日本における最初の人権宣言とも言われ ています。

解放令

1871年(明治4年)明治維新政府は、近世社会の最低身分とされた賤民の身分 ・職業とも平民同様とするという内容の太政官布告を出しました。 このい わゆる「解放令」により法律・制度の上では差別はなくなったはずで すが、部落 差別をなくすための施策を明治政府が何一つとらなかったため、 現実には依然として厳しい差別が残り、真の意味の解放とはなりませんでした。

壬申戸籍

1871年(明治4年)、太政官布告でいわゆる「解放令」をだしました。これによ り賎民身分は、法律・制度のうえではなくなりました。しかし、それは単に蔑称 を廃止し、身分と職業が平民なみにあつかわれることを宣言したにとどまるもので、 被差別部落の人々が実質的に差別と貧困から解放される政策を伴ったもの ではなかったです。

1872年(明治5年)わが国で最初の近代的な戸籍といわれる「壬申戸籍」がつくら れました。この戸籍には、旧身分や職業、壇那寺、犯罪歴や病歴などのほか、 家柄を示す族称欄が設けられ、中には「新平民」などとかかれているものもありました。 戸籍法では、従前戸籍の公開が原則とされていたので、この「壬申戸籍」 は1968年 (昭和43年)包装封印されて厳重に保管されるまで、他人の戸籍簿を閲覧したり、 戸籍謄(抄)本を取るなど、結婚や就職の際の身元調査に悪用 されました。

身分差別の歴史

奈良時代の奴隷身分「五色の賎」

縄文時代や弥生時代には、制度としての身分差別は検証されていません。しかし、 「古事記」や「日本書紀」にはケガレにまつわる話が出てくるそうで、排泄物や死体 に対する一般的なケガレ観があったことがうかがえます。 奈良時代になると、古代 中国の随や唐から律令制が伝わり、日本も支配の道具として刑罰や行政令を整えます。 その中で、「陵戸・官戸・官奴ヒ・家人・私奴ヒ」(ヒ は女偏に卑と書く漢字)とい う、いわゆる「五色の賎」の奴隷身分がつくられ、売買もされました。しかしこれらは、 都が京都に移り、平安時代に入ると次第に姿を消し たのです。

「非人」の登場」

平安時代になると、「非人」が登場してきます。「非人」は、寺社の清掃や警備にあ たり、また処刑にも従事しています。特に京都では、これらの歴史的な資料がたくさん残 っているようです。「非人」がどうして定められたかは、何らかの理由で没落 した者が農 村や都市部からはじき出されて形成されたという説が主流のようです。さらに、身体障害者 やハンセン病者らも「非人」に組み込まれました。このあたりは、 劇画の「カムイ伝」に よく登場しています。

仏教および陰陽道によるケガレ観

その原因は、6世紀に朝鮮半島の百済から伝来された仏教によるところが非常に大きい のです。仏教による「殺生禁止」の思想と、これも古代中国から伝わった陰陽道(オンミョウドウ) という呪術の「禁忌・触穢」思想とあいまって、ケガレ観が強化 されたのです。その結果、日常的に 「ケガレ」に接している人を差別するようになっ たと言われます。日常的に「ケガレ」に接している 人とは、人間や家畜等の死体に接 している人、出血・出産する人のことで、死に関しては「黒不浄」、 血に関しては「赤不浄」とよんで、忌避・差別したのです。

このように仏教は、差別を生み出し、助長・拡大する大きな役割を持ち、民衆の間 に広まっていきました。 この影響は現在も続き、その顕著なものとして差別戒名「えた寺」ばかりをまとめた「部落組」という末寺 組織として、つい最近まで残って いました。しかし、宗教界は部落解放同盟の指摘によってこれを悔い改め、 差別の撤 廃につとめています。陰陽道については、「大安・仏滅」等の六曜として現在も根強 く残り、迷信 など根拠のないいわれの一つとして、差別意識を支える土壌としての役 割があります。

私が読んだ書籍

橋のない川(住井すゑ)
部落解放に立ち向かう人達とその差別の実体を織りまぜながら奈良県生駒地方の農村を舞台に繰り広がれる物語りです。
破戒(島崎藤村)
部落出身者である教師、乙松が部落出身をひた隠しにし、その苦悩を通じ当時の部落差別社会を世間にしらしめるものです。
被差別部落一千年史(高橋貞樹)
部落差別を過去の歴史を踏まえながら解析し、その過った知識を取り除く事が書き著わされています。
被差別部落の歴史(原田伴彦)
差別社会の起こりを懇切丁寧に書き著わされ、何のために差別社会を築いてきたのかが良くわかります。

※()は、著者名

Shimizu process

copyright © asatori.all rights reserved.